堺市夏バテ

『夏バテの原因と対策』その②

前回、夏バテの原因として水分代謝についてお伝えしました。
今回はビタミンやミネラルの不足による夏バテの対策をお伝えします。
ビタミンやミネラルは汗や尿から排出されてしまいますので、夏のように汗をかきやすいシーズンは特に気をつけて摂取するように心がけていかなければなりません。
特に重要なのがビタミンB1です。
甘いジュースばかり飲んでいると、過剰な糖分を処理するためにB1が消費されます。
そしていざB1が不足すると今度は炭水化物をエネルギーにかえるというB1の正常な働きが出来なくなってしまいます。
これも夏バテの原因の1つです。
甘いジュースは出来るだけ控え、B1が多く含まれる食事(ウナギ、豚肉、卵、レバー)
など食べるようにしましょう。
堺市夏バテ
またナトリウムや塩素などのミネラルも夏バテに関係してきます。
この2つのミネラルは「塩」に入っていますが、普通の塩分摂取量だと大量に汗をかく夏には足らなくなる可能性があります。
特に激しい運動の後だと、汗とともに失われるナトリウムは1時間で8gにも達します。
平均的なナトリウム摂取量は、1日5.2gなので不足する可能性が非常に高いので夏場はスポーツドリンクなどを飲んだりして補いましょう。

堺市夏バテ予防

次に塩素ですが、これは胃酸のおもな材料になります。
塩素が不足して胃酸ができにくくなると消化が悪くなり、食欲が減ってしまいます。
これが夏に食欲が落ちるおもな原因です。
また冷たいものを食べたり、飲んだりすると胃腸が冷え、胃腸の活動を低下させてしまうのも食欲が落ちる原因になるので冷たいものの大量摂取は控えめにしましょう。
このように考えると夏バテする方は積極的にビタミン、ミネラル、塩分を摂取することが予防となります。
またお酢や梅干しはクエン酸が多く、疲労物質と呼ばれる乳酸を分解する働きもあり、疲労回復効果が期待できます。
堺市梅干し
泉北高速鉄道深井駅から徒歩7分
堺市中区深井清水町3531 サンメゾン二反田101
ひさい整骨院+TRXトレーニングスタジオ
072-230- 4852

  1. 堺市トレーニング
  2. 堺市ストレッチ
  3. 堺市ダイエット
  4. 堺市健康トレーニング
  5. 堺市深井トレーニング
  6. 堺市トレーニング
PAGE TOP